大変なIT業務に対して

たとえIT業務がどんなに大変なものでも、最後までやり通そうとするエンジニアが少なくないと思うのです。
IT業務をすることに誇りを持っているからこそ、大変な思いをしてでも仕事に取り組もうとするモチベーションを喚起させていくのであります。
人一倍大変だとされるIT業務をしているエンジニアは、その業務をすることで洗練されたエンジニアとして生まれ変わっていくように思えてくるのではないかと考えられて、あえて大変なIT業務を一挙に引き受けることが往々にしてあると感じてくるのです。

大変な業務を一通り片づけた後に清々しい気分になっていると考えられて、大変さの中に仕事のやりがいを見いだすヒントが隠されていたのかと感じ入るのが窺えます。
 
長時間労働を嫌がらずに率先して引き受けるエンジニアは、大変な仕事との根競べが始まることを予感しているのではないでしょうか。
誰よりも根性があるはずだと思いながらIT業務に取り組んでいくのではないかと思い、天地をひっくり返す程の素晴らしい仕事をしていこうという闘志を燃やしていくかもしれません。

その闘志がある限り、大変な仕事で感じるストレスを浄化させていくかもしれなくて、ストレスを一網打尽にしてしまえる自分のことを偉大だと感じ入るのが無きにしも非ずです。仕事への取り組み方次第でストレスに対しての考え方がガラリと変わっていき、大変な仕事に対して怖いもの知らずだというくらいのオーラで対峙するのです。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>